<< 詳細メニュー
アニメ・トップセラー
ガン×ソード
巌窟王
ガンダム(トップセラー)
蟲師
DRAGON BALL
ローゼンメイデン
スタジオジブリ
デイズニー
ハチミツとクローバー
鋼の錬金術師
特撮・トップセラー
仮面ライダー555
仮面ライダー龍騎TV
仮面ライダー龍騎
特捜戦隊デカレンジャー
戦隊物・混合版

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師 PREMIUM COLLECTION |朴路美

鋼の錬金術師 PREMIUM COLLECTION鋼の錬金術師 PREMIUM COLLECTION
出演:朴路美 /釘宮理恵 /豊口めぐみ /大川透 /内海賢二
アニプレックス
発売日 2006-03-29
人気アニメ“鋼の錬金術師”のイベント限定で上映されていた「七大ホムンクルスVS国家錬金術師軍団」と、完全新作のオリジナルショートストーリーを3本収録。
続きを読む
posted by Miyako at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0)

鋼の錬金術師

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (通常版) |荒川弘

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (通常版)劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (通常版)
出演:朴ロ美 /釘宮理恵 /豊口めぐみ /大川透 /内海賢二 /小栗旬 /かとうかずこ
アニプレックス
発売日 2006-01-25

TVアニメ版の「鋼の錬金術師」は、荒川弘の原作から大きく方向を変え、主人公の兄弟エドとアルが“扉のこちら側”と“向こう側(=我々にとっての現実世界)”に離ればなれになるという衝撃的なシーンで幕を閉じた。それから2年後が描かれるのがこの劇場版だ。
ナチスが勢力を伸ばしつつある1923年のドイツというあまりにシビアかつシリアスな舞台設定が、“錬金術”という題材を扱ったこの破天荒な物語にいい作用を及ぼしたかどうかは、評価が分かれるところだろう。とはいえ、エドやアルはもちろん、ウィンリィやロイ・マスタング、その元部下たちといった魅力的な登場人物の“その後”を見られるのは単純に楽しいし、ヒューズやキング・ブラッドレイら、TVシリーズ中で絶命した者たちが“別キャラ”として登場するのも、パラレルワールドものならではの面白さ。映像についても、申し分のない大迫力シーンが目白押しで、TVシリーズのファンなら見て損はないと言えるだろう。(剛吉若寸也)

さらに詳しい情報はコチラ≫
 
posted by Miyako at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0)

鋼の錬金術師

劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX |荒川弘

劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX
出演:朴ロ美 /釘宮理恵 /豊口めぐみ /大川透 /内海賢二 /小栗旬 /かとうかずこ
アニプレックス
発売日 2006-01-25

TVアニメ版の「鋼の錬金術師」は、荒川弘の原作から大きく方向を変え、主人公の兄弟エドとアルが“扉のこちら側”と“向こう側(=我々にとっての現実世界)”に離ればなれになるという衝撃的なシーンで幕を閉じた。それから2年後が描かれるのがこの劇場版だ。
ナチスが勢力を伸ばしつつある1923年のドイツというあまりにシビアかつシリアスな舞台設定が、“錬金術”という題材を扱ったこの破天荒な物語にいい作用を及ぼしたかどうかは、評価が分かれるところだろう。とはいえ、エドやアルはもちろん、ウィンリィやロイ・マスタング、その元部下たちといった魅力的な登場人物の“その後”を見られるのは単純に楽しいし、ヒューズやキング・ブラッドレイら、TVシリーズ中で絶命した者たちが“別キャラ”として登場するのも、パラレルワールドものならではの面白さ。映像についても、申し分のない大迫力シーンが目白押しで、TVシリーズのファンなら見て損はないと言えるだろう。(剛吉若寸也)

さらに詳しい情報はコチラ≫
 
posted by Miyako at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0)

鋼の錬金術師

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (UMD Video)

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (UMD Video)劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (UMD Video)
出演:アニメ:鋼の錬金術師
アニプレックス
発売日 2006-01-25

TVアニメ版の「鋼の錬金術師」は、荒川弘の原作から大きく方向を変え、主人公の兄弟エドとアルが“扉のこちら側”と“向こう側(=我々にとっての現実世界)”に離ればなれになるという衝撃的なシーンで幕を閉じた。それから2年後が描かれるのがこの劇場版だ。
ナチスが勢力を伸ばしつつある1923年のドイツというあまりにシビアかつシリアスな舞台設定が、“錬金術”という題材を扱ったこの破天荒な物語にいい作用を及ぼしたかどうかは、評価が分かれるところだろう。とはいえ、エドやアルはもちろん、ウィンリィやロイ・マスタング、その元部下たちといった魅力的な登場人物の“その後”を見られるのは単純に楽しいし、ヒューズやキング・ブラッドレイら、TVシリーズ中で絶命した者たちが“別キャラ”として登場するのも、パラレルワールドものならではの面白さ。映像についても、申し分のない大迫力シーンが目白押しで、TVシリーズのファンなら見て損はないと言えるだろう。(剛吉若寸也)

さらに詳しい情報はコチラ≫
 
posted by Miyako at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0)